« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月29日 (土)

BRD  スーパー・チューズデー ~正義を売った日~ ☆☆☆

■ THE IDES OF MARCH 2011年 アメリカ 101分

 

■ 監督 ジョージ・クルーニー 

 

■ 出演 ライアン・ゴズリング  ジョージ・クルーニー  

 

              フィリップ・シーモア・ホフマン

130629

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

DVD  ブルーバレンタイン ☆☆☆☆

■ BLUE VALENTINE 2010年 アメリカ 112分

■ 監督 デレク・シアンフランス

■ 主演 ライアン・ゴズリング ミシェル・ウィリアムズ

130628

今のディーンとシンディ。

7年前のディーンとシンディ。

絶妙のタイミングでインサートされる7年前のシーンが

今のふたりの関係をくっきりと写し出す。

夫婦。

家族。

仕事。

そして、やって来るほろ苦い現実。

ゴズリングもいいし、ウィリアムズも素晴らしい。

 

    

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

DVD 月に囚われた男 ☆☆☆☆

■ MOON 2009年 イギリス 97分

■ 監督・原案 ダンカン・ジョーンズ

130619

近未来の人類に起こるかも知れない真実を鮮やかに映像化。

謎とスリル満ちたストーリーを持ち、

人間とクローン、そしてロボットの哀しみを描いた、

凡百のSF映画を超えるSF映画。

33日間で撮った、長編第1回作品とは信じがたい出来だ。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

DVD ある秘密 ☆☆☆☆★

■ UN SECRET 2007年 フランス 110分

■ 監督 クロード・ミレール

■ 原作 フィリップ・グランベール

■ 出演 セシル・ドゥ・フランス  リュディヴィーヌ・サニエ 

130615

ホロコーストの悲劇を巧みなストーリー展開で描いている。

これは、原作によるところが大きいのだろう。

 

映画としても素晴らしいのは、存在感のある二人の女優に

負うところが大きい。

タニア役のセシル・ドゥ・フランス。

アンナ役のリュディヴィーヌ・サニエ。

そして、フランソワの少年期を演じた子役の表情も忘れがたい映画だ。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

映画 プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 ☆☆☆☆ 

■ THE PLACE BEYOND THE PINES 2012年 アメリカ 141分

                                (ミリオン座)

■ 監督 デレク・シアンフランス

■ 撮影 ショーン・ボビット

■ 出演 ライアン・ゴズリング  ブラッドリー・クーパー

130613

ゴズリングとクーパーの若き父親時代の過ち。

その息子たちの青春の過ち。

銃が容易に手に入る国で、

恐れゆえに

未熟ゆえに

発砲し

自己保身に走る。

 

激しい動きを見せる見事な撮影は、

登場人物たちの

荒々しい魂と

ある種の哀しみとを

感じさせてくれる。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

DVD 星の旅人たち ☆☆☆★

■ THE WAY  2010年 アメリカ・スペイン 128分

■ 監督・原案・脚本  エミリオ・エステヴェス

■ 主演 マーティン・シーン

130607

この映画は、実父であるマーティン・シーンを主役に起用し、エミリオ自らも

その息子役で出演し、かつ演出も行ったという映画である。

しかも、不慮の事故で死んだ息子の生き方を、父親がやがて理解していく

という真面目な筋立てのヒューマンなタッチなのだ。

                  *    

実の親子による自作自演映画。そんな映画を観るのは初めてだった。

最後まで落ち着かなかった。

映画を撮るとき、二人は照れたりはしなかったのだろうか?

こんなに真面目な話を、ホントの親子が真面目に演じるなんて…。

自分だったら、まちがいなく恥ずかしいような気分になるだろうな。

だって、あんなにもヒューマニズムにあふれた家族映画なのだから…。

そんなことを思い思いして観たので、映画に没頭できなかった。

私にとっては、あまりにも珍品過ぎる映画だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

映画 グランド・マスター ☆☆☆☆

■ 一代宗師 2013年 香港 123分 (ミッドランド スクエア シネマ)

■ 原案・監督  ウォン・カーウァイ (王家衛)

■ 武術指導  ユエン・ウーピン(袁和平)

■ 音楽 梅林茂 ナサニエル・メカリー     

■ 出演 トニー・レオン チャン・ツィイー

130607

 

雨の中での格闘シーンの美しさには、見惚れてしまう。

葉問を主人公とする映画も、ウォン・カーウァイの手にかかると

かくも美しい映像を生み出すのかと、驚いてしまう。

            *

重厚な武闘映画であると同時に、感情を押し隠した男女の恋情

の映画でもある。

チャイナドレスで着飾った妓楼の女たち。

流れる京劇歌のノスタルジックなメロディ。

トニー・レオンが演じる妻子ある葉問。

翳りをただよわせたチャン・ツィイーの宮若梅。

あの名品「花様年華」の男女と重なって見えてくる。

            *

123分の長さの中での完成度を高めるために、かなりの部分を

省略したのか、もっと知りたいことがいくつか残されたように思う。

それでも、武術映画に革新的な美しさをもたらした作品として、

まちがいなく記憶されるだろう。

必見の一本!

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

ファルキドンミイロタテハ 蝶のはんこ 3

 

  Web

    ブラジルに生息するファルキドンミイロタテハの雌蝶

 

   左が表の面。右が裏の面。これほどの違いがあるのは面白い。

 

  ( はんこの大きさ 40×48㎜  実物の横は65㎜とも )   

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »