« 映画 みなさん、さようなら ☆☆☆ | トップページ | ネパールスケッチ  物売りのおばさん »

2013年1月28日 (月)

映画 レ・ミゼラブル ☆☆☆☆★

■ LES MISERABLES イギリス 158分 (ミッドランドシネマ名古屋空港)

■ 監督 トム・フーパー

 130128

たぶんこの映画の成功は、華麗なミュージカルに仕立てたときに、約束された

のではないか。

崇高かつ重厚で著名な物語の映画化は、そんなに珍しいことではないが、

CGを駆使し、当代のスターを出演させる壮大なミュージカルとなると新鮮だ。

どんなスターが、一体どれほどの声楽を披露するのだろうか。

舞台とは違う映画では、どんな場面が展開されるのだろうか。

観客の興味は自然とそそられるのだ。

この映画企画者たちの意欲と、慧眼ぶりに舌を巻く思いがする。

                   *

出来上がった作品は長尺にもかかわらず、期待以上の出来映え。

骨太のストーリーに貫かれた人間模様は、飽きさせない展開と豪華な映像で、

そして、スターたちの力演・好演、そして美声の披露で、

映画的カタルシスを味わわせてくれる。

映画館で観るべき堂々たる作品として仕上がった一編だ。

                   *

ついでながら、私の大好きな女優、ヘレナ・ボナム=カーターが、マダム・テナル

ディエを怪演していたりするのもうれしい限りだった。 

 

 

« 映画 みなさん、さようなら ☆☆☆ | トップページ | ネパールスケッチ  物売りのおばさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/49012263

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 レ・ミゼラブル ☆☆☆☆★:

« 映画 みなさん、さようなら ☆☆☆ | トップページ | ネパールスケッチ  物売りのおばさん »