« 映画 情熱のピアニズム ☆☆☆☆★  | トップページ | 2012年11月29日 奈良の秋 »

2012年11月28日 (水)

映画  声をかくす人 ☆☆☆☆

■ THE CONSPIRATOR (原題「共謀者」) アメリカ 122分 (ミリオン座)

■ 監督 ロバート・レッドフォード

■ 主演 ロビン・ライト

 1211282

リンカーン大統領の暗殺の共謀者として処刑されたメアリー・サラット。

映画は、彼女の名誉回復と、感情的で報復的な軍事法廷への批判を込めている。

史実に沿って、静かに訴えるように描写するR・レッドフォード監督の演出が光る。

                  *

邦題は、おそらく日本の多くの観客に受け入れられるように過剰な意訳がされ、

柔らかく叙情的な、文芸作品的曖昧さを与えられてしまっている。

しかし、原題と、映画の中身は、レッドフォード監督の真摯な哀悼の念を感じさせる。

                  *

日本映画ではまず描かれることの少ない、過去の人物の名誉回復を扱った重厚で、

誠実な作風の力作である。

« 映画 情熱のピアニズム ☆☆☆☆★  | トップページ | 2012年11月29日 奈良の秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/48016372

この記事へのトラックバック一覧です: 映画  声をかくす人 ☆☆☆☆:

» 声をかくす人 (試写会) [風に吹かれて]
不当な裁判公式サイト http://www.koe-movie.com10月27日公開実話に基づく映画製作・監督: ロバート・レッドフォード南北戦争終結から間もない1865年のワシントンで、リンカーン [続きを読む]

受信: 2012年12月 2日 (日) 12時10分

« 映画 情熱のピアニズム ☆☆☆☆★  | トップページ | 2012年11月29日 奈良の秋 »