« 黒部五郎岳 消しゴムはんこ | トップページ | 映画 時の重なる女 ☆☆☆★ »

2012年9月 8日 (土)

DVD クヒオ大佐 ☆☆☆★

■ 2009年製作 112分 

■ 監督 吉田大八     ■ 原作 吉田和正

 120908

映画の冒頭に字幕が出る。

「これは実在の人物を モデルにした創作である」

その通りに映画は、結婚詐偽男のドキュメンタリーではなく

あくまでもコメディタッチの創作ドラマとして進行する。

主役は、実在の竹内某と全く印象が異なる爽やか系俳優、堺雅人。

かくして、映画は欺すことの後ろめたさや、被害の深刻さを感じさせずに

だまし欺される男と女の、虚々実々の世界に焦点を当てて面白く描く。

特に、色男堺雅人の気障なセリフや、事が露見しそうになる狼狽ぶり、

欺された後の女たちの決着の仕方は映画の見所である。

そうした演出はある程度成功している、と言えるだろう。

しかし、ずっと気になるのだ。

実在の竹内某なる人物は、実際どのように女を欺したのか。

女たちは本当に気付かなかったのか。

つまりは、後味はよくない映画になるかも知れないが

シリアス(実録)版「クヒオ大佐」が観たいものだ!

そういう気にさせる映画だった。

« 黒部五郎岳 消しゴムはんこ | トップページ | 映画 時の重なる女 ☆☆☆★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/47004136

この記事へのトラックバック一覧です: DVD クヒオ大佐 ☆☆☆★:

« 黒部五郎岳 消しゴムはんこ | トップページ | 映画 時の重なる女 ☆☆☆★ »