« 映画 ナイン・ソウルズ ☆☆★ | トップページ | DVD アスファルトジャングル ☆☆☆★ »

2012年8月11日 (土)

DVD 今度は愛妻家 ☆☆☆

■ 今度は愛妻家 2009年製作 131分

■ 監督 行定勲

■ 脚本 伊藤ちひろ

■ 出演 豊川悦司 薬師丸ひろ子

  120811

豊川悦司は、男の色気を感じさせる味のある俳優になった。

薬師丸ひろ子も、この人でないと出来ない役どころをもつ女優になった。

この二人が夫婦役の映画なので、期待して観た。

               *

配役も演技もよかった。

しかし、脚本の後半は全く要らない。

いや、有るがために興ざめること甚だしいといってよい。 

行定監督の演出も、観る者の想像力を信じていないほどに、

感情過多で、押しつけがましく、説明的だった。 

このような「悪癖」が日本映画にしばしば見られるが、

それを「感動作」と称して憚らぬようでは、あまりにも、淋しく悲しいことではないか。

                 *

行定の真の感動作を観たいと願う。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 映画 ナイン・ソウルズ ☆☆★ | トップページ | DVD アスファルトジャングル ☆☆☆★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/46660417

この記事へのトラックバック一覧です: DVD 今度は愛妻家 ☆☆☆:

« 映画 ナイン・ソウルズ ☆☆★ | トップページ | DVD アスファルトジャングル ☆☆☆★ »