« DVD 日の名残り ☆☆☆★ | トップページ | 巨匠たちの英国水彩画展 »

2012年6月13日 (水)

松山の郷土菓子

       男ともだち四人で、四国に旅行を楽しみました。

       当地で求めた土産のお菓子をスケッチしてみました。   

     12_0612_iro 

                    ( ストラスモア紙 水彩 )

一六タルト 

柚子入りの餡を、ケーキ地でくるんだ和製洋菓子。一六本舗製。

この菓子の原型は、久松家初代松山藩主・松平定行が長崎から伝えた南蛮菓子

タルトだと言われています。

味は上品で芳醇。餡菓子好きな私は、毎日食しても飽きないだろうと思いました。

新・坊っちゃんせんべい

定番の坊ちゃん団子に似せた形がユニークな、たまごの風味の煎餅。観光堂製。

三枚入りの袋には、版画風の道後温泉本館がプリントされています。

煎餅には小舟に乗って竿を操っている坊ちゃんと覚しき麦わら帽子姿の人物が、

焼き印され、表面に淡く砂糖を絡めたお茶受け菓子です。

 

« DVD 日の名残り ☆☆☆★ | トップページ | 巨匠たちの英国水彩画展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/45693360

この記事へのトラックバック一覧です: 松山の郷土菓子:

« DVD 日の名残り ☆☆☆★ | トップページ | 巨匠たちの英国水彩画展 »