« 道後温泉本館みやげ | トップページ | スイスアルプス紀行 その1 アイガー北壁に想う »

2012年6月21日 (木)

DVD 夏の終止符 ☆☆☆☆★

■ KAK YA PROVYOL ETIM LETOM  HOW I ENDED THIS SUMMER

  ロシア 2010年製作 124分

■ 脚本・監督 アレクセイ・ポポグレブスキー

   110620

必見の映画! 

昨年名古屋で上映された三大映画祭週間2011で見逃した作品だったが、

たとえDVDで観ても、「夏の終止符」は、何と素晴らしい映画なのだろう!

                     *

北極圏の辺境で気象観測を続ける二人の男をめぐる話で、閉ざされた

環境の中で生じる人間の心理を鋭く描いている。

毎日続ける気象観測や放射線測定の作業のなんと単調なことか。

判で押したように毎日決まった時刻に行う本部へのデータ報告の繰り返し。

年長の観測員は、仕事とは誤りを起こさないことだと考え、

若手の観測員は、仕事とは死ぬほど退屈なことだと感じている。

しかし、二人とも、仕事は単調だとは思っているに違いない。

だから、一方は、鮭を獲りに湖へ出かけるのだし、

もう一方は、派手なシューティングゲームの画面で気を紛らわすのだ。

やがて、些細なことから重大な齟齬を生む事態へ。

                    *

過酷な地に暮らす二人の行動を、全編にわたって緊張感を保ちながら

澄み切った目で見事に描くポポグレブスキー監督の才気は侮れない。

« 道後温泉本館みやげ | トップページ | スイスアルプス紀行 その1 アイガー北壁に想う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/45731433

この記事へのトラックバック一覧です: DVD 夏の終止符 ☆☆☆☆★:

« 道後温泉本館みやげ | トップページ | スイスアルプス紀行 その1 アイガー北壁に想う »