« DVD 主婦マリーがしたこと ☆☆☆☆ | トップページ | DVD  ハッピー・ゴー・ラッキー ☆☆☆☆★ »

2012年5月28日 (月)

DVD 恐喝(ゆすり) ☆☆☆★

■ BLACKMAIL 劇場未公開 1929年製作 イギリス 82分

■ 監督 アルフレッド・ヒッチコック

  Photo

あるデータベースによると、「恐喝」はヒッチコック監督の10本目の映画だそうだ。

彼は1899年生れなので、29才か30才でこれを作ったことになる。

ストーリーは、正当防衛で殺人を犯した恋人と刑事が、ある男から恐喝されるという

話自体の出来は平凡で、残念ながら☆は3.5止まり。

                   *

しかし、後年花開くヒッチコックワールドの片鱗が随所に見られ、サスペンス・テク

ニックのすばらしさという面では、さすがヒッチコック映画である。

写真は、大英博物館の中に逃げ込んだ恐喝者が、ロープを伝って降りるシーン。

強大なモニュメントを使うことで、サスペンスの視覚的効果を高めるヒッチコックお

得意の手法は、すでにこの頃から使われていたことが判り、とても興味深い。

ロープの垂直方向の構図と動きは、落下の不安を連想させ、見る者の緊張を高める。

さらに、壁に写った人物の大きな影がゆらり、ゆらりとするので、視覚的サスペンスは

いっそう高められることになる。

ヒッチコックは、じつに、うまい。

映画の製作年は古いが、生理的心理的不安をたくみに見せるヒッチコックの

異才は、今もなお新しいままである。 

« DVD 主婦マリーがしたこと ☆☆☆☆ | トップページ | DVD  ハッピー・ゴー・ラッキー ☆☆☆☆★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/45448641

この記事へのトラックバック一覧です: DVD 恐喝(ゆすり) ☆☆☆★:

« DVD 主婦マリーがしたこと ☆☆☆☆ | トップページ | DVD  ハッピー・ゴー・ラッキー ☆☆☆☆★ »