« 映画 ポテチ ☆☆☆☆ | トップページ | 映画 ビースト・ストーカー/証人 ☆☆☆☆★ »

2012年5月16日 (水)

映画 わが母の記 ☆☆☆★

■ わが母の記 118分 (MOVIX三好)

■ 監督・脚本  原田眞人

■ 原作 井上靖

  1205162_1

丁寧につくり上げたことが画面からひしひしと伝わってくる映画で、ある種の格調の高

さを感じさせる大作と云える。

俳優も役所広司、樹木希林、宮崎あおいの三人をそろえ、その演技は見応えがある。

しかし、映画全体に抑制の効かない湿っぽさを覚えて、正直閉口した。

また、作り手の「感動させよう症候」が見え隠れしているとも感じた。

かっての原田眞人作品が懐かしい。

ビデオ「復讐の天使 KAMIKAZE TAXI」には、怖いほどの熱気があったし、

木村一八主演の「タフ」シリーズの4作の狂気にも、思わず引き込まれたものだった。

映画は、大作になればなるほど、面白味が失われていくのであろうか。     

« 映画 ポテチ ☆☆☆☆ | トップページ | 映画 ビースト・ストーカー/証人 ☆☆☆☆★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/45287068

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 わが母の記 ☆☆☆★:

« 映画 ポテチ ☆☆☆☆ | トップページ | 映画 ビースト・ストーカー/証人 ☆☆☆☆★ »