« 映画 探偵はBARにいる ☆☆☆☆ | トップページ | DVD 柔道龍虎房 ☆☆☆☆ »

2011年9月24日 (土)

映画  パレルモ・シューティング ☆☆☆☆★

■ パレルモ・シューティング PALERMO SHOOTING 108分

                   ドイツ/フランス/イタリア (名古屋シネマテーク)

■ 監督 ヴィム・ヴェンダース

■ 私の採点 ☆☆☆☆★ 

110924

■ 映画を観た後で…

主人公がデニス・ホッパー演じる死神と対するシーンの何と美しく素晴らしいことか。

暗い背景の中に浮かび上がる人間と死神…。

そして、誰もが避けられぬ死についての二人の議論…。

まさに、ベルイマンの映画「第七の封印」のチェスのシーンである。

人は生きて…、死ぬ…。

しかし、ヴェンダースのこのロード・ムービーは、死の側面だけを強調はしない。

生の深相、実相を探ることにも、等しく力点を置いている。それは、生きることを慈し

み始めたように、静かに男の顔を見つめる女の表情を顔を写しながら、長く深いフ

ェイドアウトで映画を結んでいることからも明らかだ。

ヴェンダースは云う。

死を身近に感じた者こそ、生をとらえ直すことが可能だ、と。

« 映画 探偵はBARにいる ☆☆☆☆ | トップページ | DVD 柔道龍虎房 ☆☆☆☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/41978969

この記事へのトラックバック一覧です: 映画  パレルモ・シューティング ☆☆☆☆★:

« 映画 探偵はBARにいる ☆☆☆☆ | トップページ | DVD 柔道龍虎房 ☆☆☆☆ »