« 映画 唇を閉ざせ ☆☆☆☆★ | トップページ | DVD すべて彼女のために ☆☆☆☆ »

2011年9月 9日 (金)

映画 ヘアドレッサー ☆☆☆☆

■ ヘアドレッサー 106分 ドイツ (ウイルあいち・あいち国際女性映画祭2011)

■ 監督 ドリス・デリエ

■ 私の採点 ☆☆☆☆

  110909

■ 映画を観た後で…

主人公を演じるGabriela Maria Schmeideという女優の「体当たり」演技に圧倒される。

彼女でなかったら、この映画がこれほど力強いものにならなかったかも知れない。

全編に流れるユーモア精神や、ときどき生じる悲哀や、主人公の明るく楽観的な姿勢

が観る者の深い共感を呼ぶ。劣等感なんて問題じゃない。自分の信じる道を行けばい

いのよと、彼女の行動が教えてくれるような気分になる映画なのだ。

そして、映画のラスト近くで彼女は誇りをもって言う。

「私はスタイリストではないわ。ヘアドレッサーなの」と。

映画が終わり、明るくなった上映会場からは拍手が起こった。

« 映画 唇を閉ざせ ☆☆☆☆★ | トップページ | DVD すべて彼女のために ☆☆☆☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/41594531

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 ヘアドレッサー ☆☆☆☆:

« 映画 唇を閉ざせ ☆☆☆☆★ | トップページ | DVD すべて彼女のために ☆☆☆☆ »