« 映画 悪の華 ☆☆☆☆★ | トップページ | 栂池自然園の朝 »

2011年7月13日 (水)

映画 鯨とり ☆☆☆

■ 鯨とり ナドヤカンダ 111分 韓国 1984年制作 (シネマスコーレ)

■ 監督 ペ・チャンホ

■ 私の採点 ☆☆☆

  俺たちも 故郷に帰ろう

110713

■ 映画を観た後で…

映画作者たちの強いエネルギーが感じられる映画だ。

確かに、ストーリーや人物描写には雑なところが多いし、

演出も、コミカルな面とシリアスな面のつなぎ方がぎくしゃくしている。

観る者は、主人公たちの行動に、共感と違和感とを交互に感じてしまうような映画と

云うこともできる。

しかし、不思議なエネルギーが、この映画にはある。

« 映画 悪の華 ☆☆☆☆★ | トップページ | 栂池自然園の朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/40802345

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 鯨とり ☆☆☆:

« 映画 悪の華 ☆☆☆☆★ | トップページ | 栂池自然園の朝 »