« 映画 処刑剣 ☆☆☆★ | トップページ | 映画 孫文の義士団 ☆☆☆☆ »

2011年6月19日 (日)

映画 阪急電車 ☆☆☆★

■ 阪急電車 片道15分の奇跡 119分 (109シネマズ名古屋)

■ 監督 三宅喜重

■ 私の採点 ☆☆☆★

  女たちの泣き顔と笑顔

   110620

■ 映画を観た後で…

男も登場するのだが、明らかにこの映画の主格は女性だ。

男の私には、ちょっと理解しにくい女の行動や心理があるのだが、しかし、そういうこ

とがあるのかも知れないと思わせるほど、制作者たちの映画作りのうまさを感じた。

6つのエピソードはしだいに繋り合い、一つの物語になっていく作劇も巧みで、演出も

そつなく丁寧な微笑ましい映画だ。

とりわけ微笑ましいのは、谷村美月と勝地涼が演じる垢抜けない大学生のエピソー

ドで、互いの好意にうっとりするカットには、自然と頬が緩んでしまった。

谷村美月は「海炭市叙景」で、勝地涼は「亡国のイージス」で印象深い俳優だが、こ

の映画では、目立たない印象深さ、とでも云うような存在感を感じさせている。

« 映画 処刑剣 ☆☆☆★ | トップページ | 映画 孫文の義士団 ☆☆☆☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/40473340

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 阪急電車 ☆☆☆★:

« 映画 処刑剣 ☆☆☆★ | トップページ | 映画 孫文の義士団 ☆☆☆☆ »