« 亀崎港のハゼ 消しゴムはんこ | トップページ | 映画 SUPER 8 ☆☆☆★ »

2011年6月27日 (月)

映画 引き裂かれた女 ☆☆☆☆★

■ 引き裂かれた女 LA FILLE COUPEE EN DEUX 115分 フランス

                           (名古屋シネマテーク)

■ 監督 クロード・シャブロル

■ 私の採点 ☆☆☆☆★

  クロード・シャブロル映画の香気

 110627

■ 映画を観た後で… 

意味深長な題名。

即物的な描写のようで、計算し尽くされた感じを受ける緊張感のある画面。

俳優たちの微妙な表情による演技。

男女の愛憎。謎めいたストーリー。

そして、あのエピローグ…。

観る者は、感じながら考えさせられ、考えながら感じさせられる。

まるで迷宮に誘われるようだ。

それが、クロード・シャブロルの映画なのだろうか。

今後名古屋で上映されるシャブロルの未公開映画3本が、とても楽しみだ。

« 亀崎港のハゼ 消しゴムはんこ | トップページ | 映画 SUPER 8 ☆☆☆★ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/40572575

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 引き裂かれた女 ☆☆☆☆★:

« 亀崎港のハゼ 消しゴムはんこ | トップページ | 映画 SUPER 8 ☆☆☆★ »