« ハルリンドウ と フデリンドウ  消しゴムはんこ | トップページ | DVD 甘い人生 ☆☆☆ »

2011年5月15日 (日)

映画 八日目の蝉 ☆☆☆★

■ 八日目の蝉 147分 (MOVIX三好)

■ 監督 成島出

■ 私の採点 ☆☆☆★

  俳優たちの存在感がすばらしい

  110515_2

■ 映画を観た後で…

永作博美、小池栄子、田中泯らの俳優としての存在感が素晴らしい映画だった。

映画は、連れ去った女と幼児の心情を逃避行に沿いながら丁寧に描いていく。

秀逸な永作博美の演技、子役たちの力演によって、それは成功するように見えた。

しかし、残念ながら、映画は後半に失速する。

映画を作った人たちは、物語感動を分からせようとし過ぎたのだろうか。

エピソードを幾つも挿入し、落涙のシーンを長く撮る方法で描き始めたのだ。

その結果、映画は長尺になり、散漫で、押し付けがましくなってしまう。

(たぶん作者たちは、観客の想像力というものを信じていないのだろうナ)

そう感じさせた瞬間から、作品への興味は薄れ、魅力は乏しくなっていくのだ。

惜しいと思う。

実際、この映画には、実母恵津子(森口瑤子)のエキセントリックなキャラクターや、

千草(小池栄子)の行動など、狂気の片鱗とでも言えるものが内在されていて、観る

者の想像力をかなり刺激する。それゆえに、「感動の駄目押し」のような描写はとても

残念で、惜しいと思う。

« ハルリンドウ と フデリンドウ  消しゴムはんこ | トップページ | DVD 甘い人生 ☆☆☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/40007119

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 八日目の蝉 ☆☆☆★:

» 映画「八日目の蝉 」他人と違う経験を自分がどう感じるか [soramove]
「八日目の蝉」★★★★☆ 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子出演 成島出 監督、 147分、2011年4月29公開 日本,松竹 (原作:原題:八日目の/ 角田光代)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「原作の評判が高かったので先に読もうと思っていたが 他に読む本がたまってきたので 映画を先に見ることにして劇場へ、 昨年の「告白」程の衝撃は無いにしても ホ... [続きを読む]

受信: 2011年5月26日 (木) 07時55分

« ハルリンドウ と フデリンドウ  消しゴムはんこ | トップページ | DVD 甘い人生 ☆☆☆ »