« DVD 相棒 シティ・オブ・バイオレンス ☆☆☆★  | トップページ | 映画 ミスター・ノーバディ ☆☆☆☆ »

2011年5月30日 (月)

映画 救世主広場 ☆☆☆☆★

■ 救世主広場 Plac Zbawiciela 105分 ポーランド 2006年 (名古屋シネマテーク)

■ 共同監督  ヨアンナ・コス=クラウゼ クシシュトフ・クラウゼ

■ 私の採点 ☆☆☆☆★

    110530

■ 映画を観た後で…

初老の女性が自宅で電話を受けるシーンから始まるこの映画は

最後まで緊張の糸を緩めることなく、人間の悲劇を痛烈に描き切る。

思わぬ出来事をきっかけとして、一緒に住むことになった妻と夫と子供と義母。

堆積した互いの感情を増幅させ罵り合う妻と義母。

どっちつかずの夫、その愛人、夫婦の二人の子どもたちの乾いた眼…。

むきだしの憎悪の応酬…。しだいに変調をきたしていく妻…。

やがて抜き差しならぬ事態へと…。

人間の深淵を覗くようなこの映画は、トップシーンに向かって、静かに、激しく、

やがて起こる大きな悲劇を予感させながら語られていく。

このポーランド映画は、市井の人間の避けがたい人間関係ー親子、夫婦、兄弟

親戚、友人…の悲劇を見事に描いている。

« DVD 相棒 シティ・オブ・バイオレンス ☆☆☆★  | トップページ | 映画 ミスター・ノーバディ ☆☆☆☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/40194563

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 救世主広場 ☆☆☆☆★:

« DVD 相棒 シティ・オブ・バイオレンス ☆☆☆★  | トップページ | 映画 ミスター・ノーバディ ☆☆☆☆ »