« 甘夏みかん | トップページ | DVD この自由な世界で ☆☆☆☆ »

2011年3月 3日 (木)

再会の食卓 ☆☆☆☆

■ 再会の食卓 「APART TOGETHER 団圓」 中国 96分 名古屋ゴールド劇場

■ 監督 ワン・チュアンアン (王全安)

■ 私の採点 ☆☆☆☆

  * 別れて暮らすこと 一緒に暮らすこと *

110303 

■ 映画を観た後で…

この映画でふるえるように心にしみてくるのは、いわばサイドストーリーの部分だ。

その一つが父と子の再会であり、他の一つは故郷の変貌だ。

ラスト近くに秀逸なシーンが用意されている。台湾の父親を埠頭で見送る息子の表情が

それだ。短いショットだが、別離の時空の埋めがたい哀切を描いて余すところがない。

今ひとつは、繰り返し描かれる上海の町と街。旧い面影をとどめる町屋は取り壊され、

近代的な高層建築群は果てしなく増殖し続ける。故郷の変貌。あるいは喪失。

この二つのサイドストーリーが、この映画に厚みを与え、忘れがたいものにしているの

だ。

« 甘夏みかん | トップページ | DVD この自由な世界で ☆☆☆☆ »

コメント

これからも新しい中国映画をもっともっと映画館で上映してほしいと思います。

投稿: さんた | 2011年3月 5日 (土) 10時36分

登場人物達の語ってないときの表情がより多くのをことを語っていますね。前作「トゥヤーの結婚」とこの「再会の食卓」はいずれもモンゴルや中国が抱える深刻な問題と家族が抱える深刻な問題をシンクロさせる演出が冴えていますよね。奥深くていい映画だったです。

投稿: TK | 2011年3月 4日 (金) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/39090274

この記事へのトラックバック一覧です: 再会の食卓 ☆☆☆☆:

« 甘夏みかん | トップページ | DVD この自由な世界で ☆☆☆☆ »