« 映画 相棒-劇場版Ⅱ ☆☆☆★ | トップページ | 映画 フェリーニの道化師 ☆☆☆☆ »

2011年1月24日 (月)

映画 白いリボン ☆☆☆☆★

■ 白いリボン 144分 ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア (名演小劇場)

■ 監督 ミヒャエル・ハネケ

■ 私の採点 ☆☆☆☆★ 

人間の恐ろしさに触れてみたい人におすすめ

Photo

■ 映画をみた後で…

この映画のモノクローム画面で示されるのは、人という生き物の深部だ。

老若、男女、主従、貧富、師弟、夫婦、親子などの間に静かに堆積する栄辱。

そして、羨望、反撥や暴力。

映画は、増していく恐れと、言葉にできない不安を残したまま、フェイドアウトしていく。

« 映画 相棒-劇場版Ⅱ ☆☆☆★ | トップページ | 映画 フェリーニの道化師 ☆☆☆☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/38591387

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 白いリボン ☆☆☆☆★:

« 映画 相棒-劇場版Ⅱ ☆☆☆★ | トップページ | 映画 フェリーニの道化師 ☆☆☆☆ »