« 北海道の意匠 その3 ニシン番屋 | トップページ | 映画 モンガに散る ☆☆☆☆  »

2010年12月21日 (火)

2010年 私のベスト映画

 ■■■ 印象に残る 今年観たベスト映画 ■■■

  邦画9 (あいうえお順)

   ■ 悪人(李相日)

   ■ カケラ(安藤モモ子)

   ■ 川の底からこんにちは(石井裕也)

   ■ キャタピラー(若松孝二)

   ■ 花のあと(中西健二)

   ■ 春との旅(小林政広)

   ■ 必死剣鳥刺し(平山秀幸)

   ■ BOX(高橋伴明)

   ■ ワカラナイ(小林政弘)

  □ 洋画26 (あいうえお順)

   ■ アイガー北壁(フィリップ・シュテルツェル ドイツ・オーストリア)

   ■ アルゼンチンタンゴ 伝説のマエストロたち(ミゲル・コアン アルゼンチン)

   ■ 息もできない(ヤン・イクチュン 韓国)

   ■ インビクタス 負けざる者たち(クリンスト・イーストウッド アメリカ)   

   ■ 牛の鈴音(イ・チョンニル 韓国)

   ■ カティンの森(アンジェイ・ワイダ ポーランド)

   ■ 彼女が消えた浜辺(アスガー・ファルハディ イラン)

   ■ 義兄弟(チャン・フン 韓国)

   ■ クロッシング(キム・テギュン 韓国)

   ■ ずっとあなたを愛してる(フィリップ・クローデル フランス)

   ■ セラフィーヌの庭(マルタン・プロヴォスト フランス・ベルギー・ドイツ)

   ■ 千年の祈り(ウェイン・ワン アメリカ・日本)

   ■ ゾンビランド(ルーベン・フライシャー アメリカ)

   ■ 第9地区(ニール・ブロンカンプ アメリカ)

   ■ 小さな村の小さなダンサー(ブルース・ベレスフォード オーストラリア)

   ■ 冷たい雨に撃て 約束の銃弾を(ジョニー・トー 香港)

   ■ トロッコ(川口浩史 日本・台湾)

   ■ ハート・ロッカー(キャスリン・ビグロー アメリカ)

   ■ 瞳の奥の秘密(ファン・ホセ・カンパネラ スペイン・アルゼンチン)

   ■ 100歳の少年と12通の手紙(エリック・エマニュエル・シュミット フランス)

   ■ フローズン・リバー(コートニー・ハント アメリカ)

   ■ 冬の小鳥(ウニー・ルコント 韓国・フランス)

   ■ プレシャス(リー・ダニエルズ アメリカ)

   ■ マイレージ・マイライフ(ジェイソン・ライトマン アメリカ)

   ■ ミックマック(ジャンピエール・ジュネ フランス)

   ■ 倫敦から来た男(タル・ベーラ ハンガリー・ドイツ・フランス)    

 □ 番外(再映)3

   ■ 河内山宗俊(山中貞雄)

   ■ 生まれてはみたけれど(小津安二郎)

   ■ だれのものでもないチェレ(ラースロー・ラニーディ ハンガリー)

   2010年12月21日現在、私の観た映画は52本だ。

   さて、来年は映画館で何本観られるか。どんな映画が観られるか。 

   

   

« 北海道の意匠 その3 ニシン番屋 | トップページ | 映画 モンガに散る ☆☆☆☆  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/38160845

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 私のベスト映画:

« 北海道の意匠 その3 ニシン番屋 | トップページ | 映画 モンガに散る ☆☆☆☆  »