« 蝶のゴム印 | トップページ | 兎のゴム印 »

2010年11月11日 (木)

映画 マチェーテ ☆☆☆☆

■ マチェーテ アメリカ 105分 (名古屋シルバー劇場)

■ 監督  ロバート・ロドリゲス  イーサン・マニキス

 私の採点 ☆☆☆☆

  B級バイオレンス映画のお手本のような映画だった。

  物語の始めから終わりまで強面で、何故か女に好まれる主人公マチェーテ。

  マチェーテを取り巻く、したたかで肢体の見事なセクシーな美女たち。

  マチェーテに残酷な死に様を与えられても、仕方のない悪漢ども。

  扇情的な音響、大量の血飛、それでいてカラッとした後味。

  こういう映画が今も製作され、映画館で上映されるのはとても嬉しい。

  1111

                                                                                                                

  

« 蝶のゴム印 | トップページ | 兎のゴム印 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/37632580

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 マチェーテ ☆☆☆☆:

« 蝶のゴム印 | トップページ | 兎のゴム印 »