« 昆虫のハンコ | トップページ | 夏のスケッチな人たち    レマン湖畔にて   »

2010年9月 2日 (木)

映画 キャタピラー ☆☆☆☆

■ キャタピラー  84分  (シネマスコーレ)

■ 監督  若松孝二

■ 私の採点 ☆☆☆☆

  この映画を観た直後には声が出ない。それほどの重い衝撃力のある映画だ。

  正視するには痛みが伴う若松映画の映像。

    そして、最後に流れる元ちとせの慟哭するような歌ごえ。

  戦争の起こす愚劣と無残を今一度見よ。しっかり目を開けて見よ。

  そう云わんばかりに、観客の胸に迫ってくる。

  Ca                                     

                                                          

« 昆虫のハンコ | トップページ | 夏のスケッチな人たち    レマン湖畔にて   »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/36503356

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 キャタピラー ☆☆☆☆:

« 昆虫のハンコ | トップページ | 夏のスケッチな人たち    レマン湖畔にて   »