« 映画 セラフィーヌの庭 ☆☆☆☆★ | トップページ | 昆虫のハンコ »

2010年8月31日 (火)

映画 瞳の奥の秘密 ☆☆☆☆★

■ 瞳の奥の秘密 EL SECRETO DE SUS OJOS 129分

            スペイン・アルゼンチン (名古屋ミリオン座)

■ 監督 フアン・ホセ・カンパネラ

■ 私の採点 ☆☆☆☆★

  映画をみる喜びとは、このような映画に出会うことであろう。  

  人は失われた過去の時間にいかに決着をつけるのか-殺人事件から引き起こ

  されるさまざまな人間模様に、観客は冒頭から引きつけられていく。

  この映画のすぐれた点は数え切れない。たとえば、

  登場人物たちの人間臭い魅力的なキャラクター。

  事件の結末を探るために小説を書く男-を主人公にするという筋立ての妙。

  物語の進行にしたがってアルゼンチンの社会状況が暗示されるという仕掛け。

  深刻な話を救うようにはさみ込まれるユーモアのセンス、など。

  そして、エンドロールが流れるとき、

  観客はさまざまな意味の深いため息をつくことになる。

  337041view003  

                                                   

« 映画 セラフィーヌの庭 ☆☆☆☆★ | トップページ | 昆虫のハンコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/36467112

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 瞳の奥の秘密 ☆☆☆☆★:

« 映画 セラフィーヌの庭 ☆☆☆☆★ | トップページ | 昆虫のハンコ »