« アルプスの花 | トップページ | 喬太郎 志らく 二人会 とよた寄席 »

2010年7月30日 (金)

映画 必死剣鳥刺し ☆☆☆☆

 ■ 必死剣 鳥刺し 114分  (MOVIX三好)

 ■ 監督  平山秀幸

 ■ 私の採点 ☆☆☆☆

   藤沢周平の小説には、陰惨な話が多い。

   この「必死剣 鳥刺し」は、その典型と云えるかも知れない。

   三左エ門の豊川悦司、隼人正の吉川晃司には、静かな陰惨さの影が

   感じられて、とてもよい。久世の殺陣も凄まじく、人を斬る、刀で刺す

   シーンの迫力は圧巻である。一瞬にして相手の肩先まで刺し貫く必

   死剣の殺法。遣い手は死んでいるのか、未だ生を有しているのか。

   最近の時代劇では出色の作品の一つだと思う。

                                                          

    315x210 

« アルプスの花 | トップページ | 喬太郎 志らく 二人会 とよた寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/35962870

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 必死剣鳥刺し ☆☆☆☆:

« アルプスの花 | トップページ | 喬太郎 志らく 二人会 とよた寄席 »