« シネマ落語の会 シネマスコーレ | トップページ | 西安スケッチその2 »

2010年4月16日 (金)

映画 第9地区 ☆☆☆☆★

■ 第9地区  111分  米国  (MOVIX三好)

■ 監督  ニール・ブロンカンプ

■ 私の採点  ☆☆☆☆★

 SFXをうまく使った恐い映画である。特に前半部分が恐い。

 どんな不吉な事が起こっていくのか。観る者の怖い予測が、恐い映画なのだ。

 SFXと3Dを使った「アバター」より、この映画の方が、断然おもしろいと思った。

 第10地区の移住エイリアンたちは、今後30年以上も地球に留まるのだろうか。

 見終わったあと、そんな怖さを観客たちに残す映画だった。

 Photo

      

« シネマ落語の会 シネマスコーレ | トップページ | 西安スケッチその2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/34253519

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 第9地区 ☆☆☆☆★:

« シネマ落語の会 シネマスコーレ | トップページ | 西安スケッチその2 »