« 台湾スケッチ その1 | トップページ | 熱田さんの大楠 »

2009年12月28日 (月)

12月の映画+DVD

                                                          

映画

THIS IS IT      ☆☆☆☆★

沈まぬ太陽      ☆☆☆

ジャック・メスリーヌ ☆☆☆☆                                           

                                                        

THIS SI IT

T0007922

■ THIS IS IT 111分 米国 (MOVIX三好)

■ 監督 ケニー・オルテガ

■ 私の採点  ☆☆☆☆★

  マイケル・ジャクソンの音楽的才能。

  それに心酔するスタッフやバックダンサーたち。

  入念なリハーサル。

  イギリスでのステージが実現されていたら…と

  惜しまれてならない。

 

沈まぬ太陽

315x210

■ 沈まぬ太陽 202分 (名古屋 ピカデリー)

■ 監督 若松節朗

■ 私の採点  ☆☆☆

                                                      

ジャック・メスリーヌ PART1・2

(MESRINE: L'ENNEMI PUBLIC N°1・ 

MESRINE: L'INSTINCT DE MORT)

1

■ ジャック・メスリーヌ PART1・2 

  114分・132分 フランス(名演小劇場)

■ 監督 ジャン=フランソワ・リシェ

■ 私の採点  ☆☆☆☆

  凶暴なギャング 金と女と逃避行

  長尺を感じさせない映画。

  主演男優と音楽と編集がそう感じさせるのだ。

  ジョニー・デップなんて知らないよ。                                                 

                                                          

DVD

いつか読書する日 ☆☆☆☆★

ヒーロー・ネバー・ダイ(眞心英雄) ☆☆☆☆★

ブレス (BREATH) ☆☆☆☆★                                             

                                                                                                                       

いつか読書する日

Ituka1a

■ いつか読書する日 127分 (製作 2004年)

■ 監督 緒方明

■ 私の採点 ☆☆☆☆★ 

  平凡な人間、平凡な生活、平凡な日常などない。  

  皆それぞれの事情を抱えている。

  主演、助演の俳優たちが、そのことをみごとに演じる。

  このキャスティングしかないと思わせる映画のひとつ。                         

                                                                                  

ヒーロー・ネバー・ダイ(眞心英雄)

  4_75829

■ ヒーロー・ネバー・ダイ  97分(製作 1998年 香港)

■ 監督 ジョニー・トゥ

■ 私の採点 ☆☆☆☆★

  二人の不死身のヒーロー。

  主人公やボスたちは、深作欣二のやくざ映画のそれと似ているが

  銃撃シーンのスローモーションは、トゥの映像美が発揮される。

  タイの下町の雑踏シーンもリアルで美しい。                            

                                                          

    ブレス (BREATH)

 Afa82818

■ ブレス 84分 (製作 2007年 韓国)

■ 監督 キム・ギドク

■ 私の採点 ☆☆☆☆★

  暗く、重く、寡黙で、雄弁な映画。

  死刑囚の男は、何を思うのか。

  面会に通う人妻は、何を思うのか。

  面会室でのひととき、二人は何を思うのか。

  ブレスとは呼吸か。生命力か。休息か。瞬間か。

  声にならない吐息か。雪の日に吐く白い息か。

                                                

        

« 台湾スケッチ その1 | トップページ | 熱田さんの大楠 »