« 熱田さんの大楠 | トップページ | 熊本からの吉兆 »

2009年12月31日 (木)

2009年 私のベスト映画 

 

       ■■■ 私の心に残る 今年観たベスト映画 (順不同)■■■

    邦画 5本

      ■ ディア・ドクター(西川美和)

      ■ ポチの告白(高橋 玄)

      ■ 美代子阿佐ヶ谷気分(坪田義史)

      ■ 花と兵隊(松林要樹)

      ■ 嗚呼 満蒙開拓団(羽田澄子)

   □ 洋画 16本

      ■ 四川のうた(ジャ・ジャンク- 中国)

      ■ 母なる証明(ポン・ジュノ 韓国)

      ■ スラムドッグ ミリオネア(ダニー・ボイル 英国 米国)

      ■ グラン・トリノ(クリント・イーストウッド 米国)

      ■ ラースと、その彼女(アラン・コルノー 米国)

      ■ 長江にいきる(フォン・イェン 中国)

      ■ 懺悔(テンギズ・アブラゼ グルジア)

      ■ 天使の眼、野獣の街(ヤウ・ナイホイ 香港)

      ■ チェンジリング(クリント・イーストウッド 米国)

      ■ レスラー(ダーレン・アロノフスキー 米国)

      ■ 湖のほとりで(アンドレア・モライヨーリ 伊国)

      ■ セント・アンナの奇跡(スパイク・リー 米国)

      ■ あの日、欲望の大地で(ギジェルモ・アリアガ 米国)

      ■ チェイサー(ナ・ホンジン 韓国)

      ■ 子供の情景(ハナ・マフマルバス イラン 仏国)

      ■ THIS IS IT(ケニー・オルテガ 米国)

   □ 番外(再映)

      ■ おとし穴(ラピュタ阿佐ヶ谷にて再映 勅使河原 宏 日本 1962製作)

      

  今年は、映画館で48本の映画を観た。

  しかし、見逃した映画もずいぶんあったと思う。

  来年は、私を映画館に誘ってくれる映画が、何本あるだろうか。    

« 熱田さんの大楠 | トップページ | 熊本からの吉兆 »