« 10月の映画+DVD 2009 | トップページ | 10月のスケッチな人たち 2009  »

2009年10月18日 (日)

川瀬巴水 中山道広重美術館

                                                                 

今、巴水の版画が展示されています。

広重のコレクションで有名な、岐阜県恵那市の中山道

広重美術館。「広重と巴水-日本の風景-」企画展です。

Posuta 

        ( 同企画展のポスター )

巴水の版画を見るのは、これで四度目。

2005年9月、高浜市かわら美術館で初めて目にし、

生きる時代の風景を鮮やかに版画に描く、その巴水

版画に強くひかれました。

その後、2008年1月に愛知県美術館で、同年8月

に瀬戸市美術館で、ますますその世界に魅了されま

した。                                          

画集や図録も発行されてはいますが、それは掲載ス

ペースの関係で縮小され、現代印刷技術をもっても、

実物の色彩とは少し、あるいは大きく異なっています。

つまり、当然なのですが、図録類は所詮、印刷です。

36㎝×24㎝大の実物を見なくてはなりません。

                                         

今日は、ちょうどその恵まれた機会でした。

巴水の線、巴水の色のよさをうまく言葉で表現できない私

は巴水版画の前で、うーむと、うなるしかありませんでした。

« 10月の映画+DVD 2009 | トップページ | 10月のスケッチな人たち 2009  »