« 10月のスケッチな人たち 2009  | トップページ | 川瀬巴水 愛知県美術館で12月20日まで展示 »

2009年10月29日 (木)

10月の映画+DVD その2 2009

映画 

あの日、欲望の大地で  ☆☆☆☆★

コネクテッド  ☆☆☆★

                                                     

あの日、欲望の大地で(THE BURNING PLAIN)

Main_large_2

■ あの日、欲望の大地で 106分 米国 (名古屋 名演小劇場) 

■ 監督  ギジェルモ・アリアガ

■ 私の採点  ☆☆☆☆★

  自傷することでやっと生きる均衡を保っているような女、シルヴィア。

  その目は、憂いと脅えを滲ませながら、何も寄せつけない冷たさを放つ。

  遠くを想いながら今を虚ろう表情のシャーリーズ・セロンが素晴らしい。

  母親のキム・ベイシンガー、少女時代のジェニファー・ローレンスも美しい。

  

コネクテッド(保持通話 CONNECTED)

1007648_01

■ コネクテッド 110分 香港・中国 (名古屋 シルバー劇場)

■ 監督  ベニー・チャン

■ 私の採点  ☆☆☆★ 

  いい素材だが、所々で流れがストップしてしまうノンストップアクション。

  ジョニー・トーが監督したら、どんな映画になったことだろうか。                                              

                                                       

                                                        

DVD 

石内尋常高等小学校 花は散れども

51yp3eyufel__sl500_aa240_  

■ 石内尋常高等小学校 花は散れども 118分 2008年製作

■ 監督   新藤兼人

■ 私の採点  ☆☆☆☆★

  95歳の新藤兼人の最新作。

  新藤の作品の満月は、性的なエネルギーの象徴だ。

  この作品でも、そのことがよくわかる。  

  大竹しのぶがいい。豊川悦司もいい。

  豊川は「接吻」でも感じたが、冴えない男の役をさせたら、香川照之

  と双璧の存在だといえるだろう。

 

« 10月のスケッチな人たち 2009  | トップページ | 川瀬巴水 愛知県美術館で12月20日まで展示 »