« 8月の映画 2009 | トップページ | アジア現代陶芸-新世代の交感展 愛知県陶磁資料館 »

2009年9月20日 (日)

9月の映画 2009

 映画

 

 THE GOOD, THE BAD, THE WEIRD ☆☆☆★

  美代子阿佐ヶ谷気分  ☆☆☆☆★

 つみきのいえ       ☆☆☆☆                 

 

 THE GOOD, THE BAD, THE WEIRD

 20090910020218  

 ■ THE GOOD, THE BAD, THE WEIRD 2時間9分

                 (名古屋 ゴールド劇場)   

 ■ 監督   キム・ジウン

 ■ 私の採点  ☆☆☆★

   マカロニウエスタン「続・夕陽のガンマン」の韓国版西部劇で

   愉しめる。

   2007年に三池崇史が監督した、和製西部劇スキヤキウエ

   スタン「ジャンゴ」よりも、ユーモラスで、スタイリッシュな点が

   面白かった。また、元祖「続・夕陽のガンマン」でもそうだった

   が、善い奴以外の二人の方に、人間味が感じられる点も興

   味深い。

   ともかく今、アジア映画はハリウッド映画よりも格段に面白く

   質も高いことは疑いのないことだ。

                                     

  

 美代子阿佐ヶ谷気分

 330767_01_01_02  

 ■ 美代子阿佐ヶ谷気分 1時間26分(名古屋シネマテーク)

 ■ 監督  坪田義史

 ■ 私の採点  ☆☆☆☆★ 

   阿佐ヶ谷の彼の部屋であたし平和よ。

   美代子のそんなモノローグで始まるこの映画には

   静かで 激しく 官能的で 狂気と殺気が横たわっ

   ているかのようだ。

   「月刊漫画ガロ」の作家、安部愼一と妻美代子のの青春。

   

   

                                                           

 つみきのいえ                                                          

 Image01

 ■ つみきのいえ 12分 (ウイルあいち)

 ■ 監督  加藤久仁生

 ■ 私の採点  ☆☆☆☆

   この作品が上映される「あいち国際女性映画祭2009」

   (会場「ウイルあいち」ほか)の9月5日のプログラムは、

   鑑賞券完売となるほどの盛況ぶり。

   当プログラムでは、この作品を含め加藤久仁生、野村辰寿、

   稲葉卓也、坂井治の4人が制作した代表的な作品計20本

   (56分)も同時上映された。

   「つみきのいえ」もいいけど、「或る旅人の日記 赤い実」

   (加藤久仁生監督/2003年/5分47秒)に登場する、ウマ

   のようにあしの長いブタの姿に、私はこころから愉しんだ。                            

                                                       

                                                        

    

« 8月の映画 2009 | トップページ | アジア現代陶芸-新世代の交感展 愛知県陶磁資料館 »