« ハスが咲きました 長久手町 | トップページ | 大草のハス »

2009年7月24日 (金)

7月の映画&DVD  2009

 映画 

                                         

  湖のほとりで   ☆☆☆☆★       

    おとし穴      ☆☆☆☆☆       

  不良少年     ☆☆☆☆☆

  扉をたたく人    ☆☆☆☆★

  ディア・ドクター  ☆☆☆☆★

                                                          

  湖のほとりで イタリア

 1007577_01

 ■ 湖のほとりで 95分 (名古屋 名演小劇場) 

 ■ 監督  アンドレア・モライヨーリ

 ■ 私の採点  ☆☆☆☆★

     事件の真相と 登場人物たちの抱える問題と

     が、静かに そして徐々に明らかになっていく。

   まるで静謐な湖の水面から、湖底深く沈む人物

   たちの重い胸のうちを見つめるような映画だ。

                                                   

  東京で映画を観てきました!

  おとし穴  不良少年

 下は ラピュタ 阿佐ヶ谷のチラシ 

  「武満徹の映画音楽」 2009.7.19~9.5 

  勅使河原宏、羽仁進、小林正樹、篠田正浩

 中村登、大島渚、堀川弘通、土本典昭など

 の監督の25作品がラインナップされている

 1_2

 

   映画を観るために、東京へ出かけた。

   いつか観たいと思い続けていた映画を、劇場の

   スクリーンで、フィルムで、堪能することができた。

 1

 ■ おとし穴 (東京 ラピュタ阿佐ヶ谷) 

 ■ 1962年製作 97分

 ■ 監督  勅使河原 宏

 ■ 私の採点  ☆☆☆☆☆

   2009年の現在でも、斬新さと迫力を感じさせる映画だ。

   安部公房の原作・脚本による不気味で不思議な世界。

   勅使河原宏が造形する黒白の鮮烈な映像。

   映像に衝撃を与える作曲家の三人 武満徹、一柳慧、

   そして高橋悠治。

   今日観て分かった。「おとし穴」は、日本の実験的な観念

   映画の一つの頂点を示す映画である、と。

   そして、日本の代表的なシリアスで、或る意味ユーモラス

   で、ミステリアスな映画の傑作の一つでもある、ということも。

   私は、今日、久しぶりに 映画を食い入るように観た。                                      

          

 2                                                    

 ■ 不良少年 (東京 ラピュタ阿佐ヶ谷)

 ■ 1961年制作  89分 

 ■ 監督  羽仁 進

 ■ 私の採点  ☆☆☆☆☆

   30余年の昔、名古屋の名画座「名宝文化」でリバイバル

   上映されたときの衝撃は今も忘れられない。斬新なドキュ

   メンタリー手法で少年の姿を生き生きと切り取った羽仁の

   映像、少年の心象を表すかのようなリリカルな武満の音楽。

   当時の、鮮烈さと、叙情とを、同じように今日も感じた。

   優れた映画には、映像作家のきちんとした観照がある。

   そして、そういう映画はいつの世までも残る。  

 

 扉をたたく人(原題 THE VISITOR)

 T0007546 

 ■ 扉をたたく人 米国 104分 (名古屋 ミリオン座)

 ■ 監督  トム・マッカーシー

 ■ 私の採点  ☆☆☆☆★

   アメリカ シリア セネガル 人種 宗教 貧富

   そして 9.11後の状況変化。

   主人公のヴェイルは、今もメトロで ジャンベを叩いて

   いるのだろうか。                                             

                                                       

 ディア・ドクター

 0099

 ■ ディア・ドクター 127分 (名古屋 ミリオン座

 ■ 監督  西川美和

 ■ 私の採点  ☆☆☆☆★

  今年の日本映画の収穫となる作品。

  この映画の核心は、斎門正芳役を演じた香川照之の次のコメン

  トに集約されているのかも知れない。

  「知っていることに知らないフリをして平然とし、気づいている事実

  にフタをして今気づいたかのような顔を作る。斎門という役は、ま

  たまた人間の多層で厄介な精神構造を抱えた男です。立場や資

  格という外殻の内に潜む人間の本質にスポットライトをを鋭くあて

  る西川美和脚本。本作で我々は、その真骨頂を三度見ることが

  できます」  (映画「ディア・ドクター」公式サイトより引用)   

  さて、その三度の真骨頂とは、どこを指すのか。刮目。                              

                                                          

  

« ハスが咲きました 長久手町 | トップページ | 大草のハス »