« 熱田の杜 | トップページ | 花しょうぶ 名古屋・鶴舞公園 »

2009年5月10日 (日)

ビワの袋掛け

                                                          

 高齢のため施設に入ったきりになった叔母さんに代わって、ビワの

袋かけをするため、稲沢に出かけました。

 去年は、家主がいなくなったからでしょうか、美味しいビワの実は

鳥どもにすっかり食べられてしまったのでした。

      P1010858

 庭には、鳥よけの「ネコお面」がぶら下げてあるのですが、効果

なしだったようです。(役に立たない「ネコのお面」・目が鏡になって

います。こわそうな感じがなく、きっと鳥どもに見くびられたのでしょ

う) ですから、美味しいビワは人間の口に入りませんでした。

 そこで今年は、袋かけをすることになった次第。

   P1010855    P1010857 

 ホームセンターで買った「ビワ専用袋」を使いました。ビワ色をした

紙製ですが、雨にも耐えられそうな強さがあります。

 帽子を被り、手ぬぐいを首に巻き、脚立に上り…の1時間。

今日の名古屋地方は、最高気温31℃。ほとんど真夏ですね。

労働は、1時間が限界でしたし、50枚の袋も使い果たしました。

 袋を掛けられなかった沢山の実は、鳥たちに恵んでやることに

しましょう。だから、鳥さんたち、袋は破かないでね。

そんなことをいのりながら、6月を楽しみに待つとします。

     

« 熱田の杜 | トップページ | 花しょうぶ 名古屋・鶴舞公園 »