« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月23日 (日)

11月の映画+DVD

 映画

 トウキョウソナタ

 TOKYO SONATA   

08042503

 ■ トウキョウソナタ

 ■ 監督 黒沢 清

 ■ 私の採点 ☆☆☆☆☆(名古屋ミリオン座)

                                                                                                    

  おくりびと                                           

 330042view007                                     

 ■ おくりびと

 ■ 監督 滝田洋二郎 

 ■ 私の採点 ☆☆☆★(名古屋ミッドランドスクエアシネマ)                           

 

                                                  

                                                 

 DVD

 帰らざる日々

  D111133898

 ■ 帰らざる日々 (日活 1978年製作)

 ■ 監督 藤田 敏八 

 ■ 私の採点 ☆☆☆★

 

  鰐~ワニ~

 324788_01_02_02

 ■ 鰐~ワニ~(韓国 1996年)

 ■ 監督 キム・ギドク

 ■ 私の採点 ☆☆☆☆★

 

 ターンレフト ターンライト

 001_2

 ■ ターンレフト ターンライト(香港 2003年)

 ■ 監督 ジョニー・トー ワイ・カーファイ

 ■ 私の採点 ☆☆☆   

  

作の妻

 Seisakunotsuma_516

 ■ 清作の妻 (大映 1965製作)

 ■ 監督 増村 保造

 ■ 私の採点 ☆☆☆☆★ 

 

江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者

 41pj58j3zkl__sl500_aa240_  

 ■ 屋根裏の散歩者 (にっかつ 1976年製作)

 ■ 田中 登

 ■ 私の採点 ☆☆☆☆

 

 雪之丞変化 

 31db3crsw7l__sl160_ 

 ■ 雪之丞変化 (大映 1963製作) 

 ■ 監督 市川 崑  

 ■ 私の採点 ☆☆☆☆★

 

| コメント (0)

2008年11月16日 (日)

柿の実

                                                        

                 筆柿                                                        

 08_1116_web_sm

          ( ウオーターフォード sm )                                               

 

| コメント (0)

2008年11月 9日 (日)

あまり寒くない秋ですが 干し柿づくり始めます

                                                               

 この秋も 干し柿を作ることにしました。                                    

 しかし、いつも頂くMさんちの庭にある木(蜂屋柿)の

実は、どうやら今年は不作のようで、数が極端に少ない

のでした。

 そこで、干し柿用の渋柿を求めて猿投JAに行きました。

蜂屋柿と筆柿(いずれも干し柿用)が売られていたので、

24個入り千三百円の蜂屋柿一箱と、20個六百円の筆

柿を求めました。

 蜂屋柿の干し柿作りも3度目の秋になると慣れたもので、

ピーラーで皮をむき、麻ひもで小枝をくくり、殺菌のために

熱湯で20秒ほどくぐらせ、ハンガーにつるすのに難儀は

しませんでした。

 11月に入ってもこれまで暖かかったのですが、ここへ

きてやっと寒さを感じる頃になりました。干し柿つくりの

秋が来たのです。

     Photo 

上の写真は、かび予防の熱湯消毒した直後の柿

(買った蜂屋柿は 直径約九糎ほどの大きさ)

 2 

 これをハンガーにいくつもつるして、

北から来る冷たい風にあてるのです。

雨が降りそうな夜は 屋内に入れておきます。                               

ゆらんゆらんと 秋風にゆれながら

渋柿が だんだん 甘くなっていきます。

 

 

| コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »