« 北ア表銀座の道 | トップページ | 猫まつりイン瀬戸 »

2008年9月 7日 (日)

展覧会  「浮世絵 つり百景」 「片岡球子を偲ぶ展」と「片岡球子展」 

                                                               

「浮世絵 つり百景」 瀬戸市美術館 8.2~9.28

「片岡球子を偲ぶ展」 愛知県立芸術大学 8.8~9.7

特集展示 「片岡球子展」 愛知県美術館 8.8~10.5                                              

「つり百景」 

 釣り史研究家金森直治氏所蔵の浮世絵展が、瀬戸市美術館で開かれていました。

画題材は「釣り」で、約100展。江戸時代の浮世絵が、ほとんどです。

よく見ると、昭和の版画もありました。

川瀬巴水の版画も3点。「両国百本杭之景」「熱海錦浦」「信州松原湖」です。

川面の描かせたら随一の巴水ですから、小振りなながら見事なものです。

久しぶりに、巴水を堪能しました。

巴水のような線は、どのようにしたら出るのでしょうか。

2 H13

 瀬戸市美術館のポスター        川瀬巴水の「信州松原湖」

「片岡球子を偲ぶ展」                                              

 今年1月に103歳で逝去した片岡球子。愛知県立芸術大学で教鞭をとっていたこと

があって、同大学では約1か月間「片岡球子を偲ぶ展」を催しました。

県立芸術大学の偲ぶ展のポスター (使われている絵は「山頂」)          

      1

 偲ぶ展 こちらの展覧会では、習作用の大きなスケッチブックに、山や人物や鳥たち

をぐいぐいと描いた、ラフスケッチとも言うべき絵が多く、とても興味深く感じました。

太いマーカーやパステル、クレヨンを使い、紙からはみださんとばかりに描いた絵は、

ダイナミックな鼓動を伴って見る者に迫ってきます。

画家片岡球子は、法隆寺金堂壁画の模写を行った人でもあり、同大学に1億円の

寄付をし、後進を育てるのに熱心な人でもありました。

同大学では、今でも法隆寺金堂壁画模写図を見ることができます。  

                                            

愛知県美術館の「球子展」特集展示                                              

 特集展示 愛知県美術館のポスター       同館のパンフレット より

   使われている絵は「北斎と富士」       使われている絵は「足利尊氏」        

 Photo      02                                                                                    

 こちらは、なんと言っても「面構」シリーズの屏風図が圧巻。

当館所蔵のものもありますが、神奈川県立近代美術館から借り出した作品が多

くありました。室町幕府の将軍、江戸時代の浮世絵師や戯作者たちの面構えが

片岡球子という画家の 洞察と想像を通して、不思議な魅力を放っています。

「面構」の他にも、「裸婦」や「浅間山」などが多く展示されています。必見です。

     

« 北ア表銀座の道 | トップページ | 猫まつりイン瀬戸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北ア表銀座の道 | トップページ | 猫まつりイン瀬戸 »