« スケッチ 北京・天津の人たち その1 | トップページ | スケッチ 北京・天津の人たち その3 »

2008年1月 8日 (火)

スケッチ 北京・天津の人たち その2

北京の町では、路上で調理をしたものを、売る人たちがいます。                         

      Web07_1228

                                                                

これは、マーファ(中国語表記で「麻花」)、というねじり巻き揚げ菓子。

私は、これを食する勇気と、胃袋とを、持ち合わせていませんでしたが……。

でも、北京の人たちは、これをよく買っていきます。

« スケッチ 北京・天津の人たち その1 | トップページ | スケッチ 北京・天津の人たち その3 »

コメント

これは、まだまだ序の口のようです。

王府井地区の東安門美食坊の屋台では、
サソリの串揚げ、セミ、ザリガニの串焼きなど
面白い食べ物が並んでいます。
タコやエビ、羊や鶏の肉の焼き物もありました。

でも、この夜は、北京ダックを食べました。

投稿: さんた | 2008年1月20日 (日) 00時18分

私もダメです。

食べてみたい気はするのですが・・・
味と臭いがね

でも美味しそう

投稿: えんごろ | 2008年1月15日 (火) 08時48分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/9783187

この記事へのトラックバック一覧です: スケッチ 北京・天津の人たち その2:

« スケッチ 北京・天津の人たち その1 | トップページ | スケッチ 北京・天津の人たち その3 »