« スケッチ 北京・天津の人たち その5 | トップページ | スケッチ 北京・天津の人たち その6 »

2008年1月25日 (金)

巴水の版画  県美術館で

今日は、素敵な日です。

川瀬巴水の版画が、名古屋で、いつでも、

観ることができるようになった日だから。

                                                      

愛知県美術館が73点の寄贈を受け、今日から40点が特別公開されました。

初日の今日は、幸いにも、午後8時まで開館の金曜日。ついています!

仕事を終えると、職場から、名古屋の栄にある美術館の10階に直行。                   

       Photo

一年半ぶりに、観る巴水の版画です。

再び、魅了されました。

繊細な線描。

清澄な色彩。

時間が過ぎるのを忘れます。

とりわけ私の印象に残ったものは、

1925年「芝増上寺」 1920年「金沢ながれのくるわ」 

1927年「大阪天王寺」 1931年「目黒不動堂」

1936年「讃州豊浜」 1952年「野火止 平林寺」 6点。

                                                                

巴水の版画には、伝わってくるものがある。

観る者を、魅惑するものがあるのです。

 

« スケッチ 北京・天津の人たち その5 | トップページ | スケッチ 北京・天津の人たち その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/10075862

この記事へのトラックバック一覧です: 巴水の版画  県美術館で:

« スケッチ 北京・天津の人たち その5 | トップページ | スケッチ 北京・天津の人たち その6 »