« 謹賀新年 | トップページ | スケッチ 北京・天津の人たち その2 »

2008年1月 6日 (日)

スケッチ 北京・天津の人たち その1

年末に北京・天津に行きました。12月27日~31日です。                               

オリンピックを半年後にした北京では、都市化が急ピッチで進んでいます。

古い路地や建物である「胡同」(フートン)や 「四合院」などが、徐々に、

いは急速に、その姿を変えつつありました。                                                               

北京市の冬の朝は、気温マイナス5度~マイナス8度。

早朝の街頭や裏通りで見かけた、北京の人たちをスケッチしました。                                                                                                  

Photo  Photo_2

  小麦粉を焼いて売る人     路上を掃除する人 

                            

ともかく人が多い町です。どの店にも、必ずお客さんがいます。

どんな狭い道であっても、人がいないということは、ありません。

北京は、とても多くの人たちが生活している町です。                                       

                                                          

« 謹賀新年 | トップページ | スケッチ 北京・天津の人たち その2 »

コメント

engoroさん あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

北京は面白い、興味深い町です。
万里の長城や、故宮博物館のスケールの大きさには、驚かされますが、でも、私にとっては、北京の下町の方が、だんぜん魅力を感じます。

人々の生活には、いまの日本が失ったものがたくさん残っている、そんな気がします。

もう一度行きたいな、中国の町に。

投稿: さんた | 2008年1月 8日 (火) 23時42分

あけましておめでとうございます。
今年もブログ楽しみに見せていただきます(*^^)v

北京とっても寒いんですね
私はワクワク、ドキドキする旅が大好きです。
今回の旅はまさしくその旅だったようで、とっても羨ましい・・・私も行きたかった(ーー;)

旅の写真楽しみにしています。

投稿: Engoro | 2008年1月 7日 (月) 10時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/9750189

この記事へのトラックバック一覧です: スケッチ 北京・天津の人たち その1:

« 謹賀新年 | トップページ | スケッチ 北京・天津の人たち その2 »