« 9月の映画 いわゆるB級映画の怪作公開 | トップページ | 霧ヶ峰 その秋 »

2007年9月28日 (金)

久しぶりにスクリーンで観た「用心棒」 

Web_youjinnbo_2

映画「用心棒

9月28日午後6時30分。尾張旭市文化会館。

「なつかしの名作映画会2007」で上映された。

観客は120人ほどだ。

上映フイルムの状態は良くない。

セリフは聞き取りづらく、画面も粗い。

しかし、エンドマークが消えた時、

誰からともなく、観客席に拍手が広がったのだ。

Web_2youjinnbo_2

映画「用心棒」。

それは、私が、何度も何度も、観た映画だ。

今までにスクリーンだけでも15回以上は観ただろう。

最初に観たのは大学1年の時。

名古屋駅の映画館でリバイバル上映だった。

衝撃の映画。

こんな面白い映画があるなんて!

翌日も、翌々日も、映画館へ足を運んだ。

未だビデオは販売されておらず、DVDは開発されていない時代だった。

ともかく、黒澤と菊島が書いた脚本は、筋立てが抜群に面白いものだ。

加えて、絶妙な台詞回し。すっかり暗記してしまったほどだ。

佐藤の音楽は、この物語の黒いユーモア性とダイナミズムを表現している。

深く黒光りする映像、歯切れの良い編集、冴える演出、そして演技。

46年前公開の「用心棒」は、今も輝きを失ってはいない。

« 9月の映画 いわゆるB級映画の怪作公開 | トップページ | 霧ヶ峰 その秋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/8173492

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにスクリーンで観た「用心棒」 :

« 9月の映画 いわゆるB級映画の怪作公開 | トップページ | 霧ヶ峰 その秋 »