« コナラの実 | トップページ | 9月の映画 いわゆるB級映画の怪作公開 »

2007年9月22日 (土)

COSMO 越百山2613mの初秋

                                                              

中央アルプス越百山へ行きました。

木曽側の伊奈川ダム上流ゲートから0635に入山。                                                                                 

登山口(通過時刻0715)と頂上との高度差が約1550m。

展望の開けない樹林帯を登る道が連続していました。

頂上直下の越百小屋まで約4時間、到着時刻1033。

                                                           

小屋に1泊するつもりで登ってきたのに、何と、予約客ですでに満員。

悪いけれど当日客は断っています、と小屋の人から聞かされました。

越百(泊)~南駒ヶ岳コースをあきらめ、日帰りピストン山行に変更。

      Web_12

Web_1  Web_2

     越百山         越百小屋(越百山付近から)

  

射す陽は、まだ夏。

渡る風は、すでに秋。

Web_4 Web_6  Web_3

  Web_10  Web_11

木陰の赤い実は、タカシマランの実。

稜線の赤い実は、ナナカマド。

                                                           

起伏のある8時間の日帰りピストン山行は、

ひざの裏側に痛みを生じさせるのに、十分過ぎるものでした。

                                                               

しかし、「上の水場」で飲んだ湧き水のうまさ。      

それは脚の痛みを補って余りある、街ではとても口にできない水。

私は、あの水を飲むための越百へ行ったのかも知れない-

そんな気にさせる山行でした。

上流ゲート着時刻1523。

« コナラの実 | トップページ | 9月の映画 いわゆるB級映画の怪作公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/8090280

この記事へのトラックバック一覧です: COSMO 越百山2613mの初秋:

« コナラの実 | トップページ | 9月の映画 いわゆるB級映画の怪作公開 »