« 「さんた日記」 その9 やっと元気に | トップページ | 4月のスケッチな人たち »

2007年4月22日 (日)

若冲を観た 愛知県美術館

             Photo_72

        「若冲と江戸絵画」(愛知県美術館のパンフレットより)

愛知県美術館では4月13日から、米国人所有者のジョー・プライスのコレクションが展示されています。最大の注目は、伊藤若冲の大きな作品。「鳥獣花木図屏風」です。

混雑を避けるため、開館時刻の10時に合わせて愛知県美術館に出かけました。思ったとおり比較的ゆったりと観られました。当館には、パンフレット「観賞ガイド」も用意してあり、プライス自身のコメントが載っていて参考になります。

若冲は、当時の他の画家とは全く違う。実物を観てそれがはっきりわかります。静かな興奮を覚えます。観てよかった。

            若冲 「紫陽花鶏図」(パンフレットより)

              Photo_73

« 「さんた日記」 その9 やっと元気に | トップページ | 4月のスケッチな人たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/6194812

この記事へのトラックバック一覧です: 若冲を観た 愛知県美術館:

« 「さんた日記」 その9 やっと元気に | トップページ | 4月のスケッチな人たち »