« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月30日 (月)

山国の春の訪れ

Pict0214  Pict0011

Pict0185 Pict0208 Pict0206

Pict0020 Pict0030_1

金沢までのドライブの途次、霊峰白山が見えます。

遠望する御山には雪が残り、林道は閉鎖されたままですが、

周囲の山々は、繊細で鮮やかな春の緑に染まっています。

今、白山の山麓に春の訪れ。

キブシの蕾がふくらみ、木々の若芽も鮮やか。

合掌村の菅沼集落は、葉桜と、花桃と、路傍の緑が美しい

季節を迎えていました。 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月29日 (日)

4月のスケッチな人たち

 9_1    1_8_1

1_9115_1

1_12_1  1_17_1

 1_6 1_11_1

 今月、地下鉄の駅や私鉄の車内、喫茶店、公立図書館で見かけた人たち。ケータイで話す人が増えたけれど、本や新聞を読む人もけっこう多くいます。でも、外の景色をぼーっと眺めているような人は少なくなりました。もっともっとぼーっとしてもよいのではないかと思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

若冲を観た 愛知県美術館

             Photo_72

        「若冲と江戸絵画」(愛知県美術館のパンフレットより)

愛知県美術館では4月13日から、米国人所有者のジョー・プライスのコレクションが展示されています。最大の注目は、伊藤若冲の大きな作品。「鳥獣花木図屏風」です。

混雑を避けるため、開館時刻の10時に合わせて愛知県美術館に出かけました。思ったとおり比較的ゆったりと観られました。当館には、パンフレット「観賞ガイド」も用意してあり、プライス自身のコメントが載っていて参考になります。

若冲は、当時の他の画家とは全く違う。実物を観てそれがはっきりわかります。静かな興奮を覚えます。観てよかった。

            若冲 「紫陽花鶏図」(パンフレットより)

              Photo_73

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月21日 (土)

「さんた日記」 その9 やっと元気に

       Web07_0421_3_1

3月下旬、もう死ぬのかと思った。急に何も食べられなくなり、その上動けなくなった。ぐえッぐえッと空嘔吐の連日で、ぐったりとする状態が1週間。体重は1㎏近くまで減った。でも、なぜか、その後、食欲が出てきた。軟らかいキャッツフードなら食べられるようになった。体重も2.5㎏まで戻った。奇跡の回復。やっと元気になった。

19年前の春、学校帰りの公園で、この家の子供に拾われたあたし。もう19歳。元気になれてよかったナ。毎朝5時にゃぁにゃぁ鳴いて起こすのを、我が家の人間たちは端迷惑に思いながらも、嬉しそうだナ。

Web07_0421_1  Web07_0421_5_1

    丸くなって眠る               上向きに眠る   

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

ツブラジイ 瀬戸市の山口八幡社

                Web_46     

お年寄りが願い事をしにきます。近くの病院に入院している人が散歩にきます。赤ちゃんのできた家族がお参りにきます。さくら見物の人たちがお酒を飲みにきます。親子やふたり連れの人たちが手をつないで歩きます。近所のネコはしっぽをぴんと立てて通ります。さくらの花びらが、さよならを告げながら散っていきます。

それらを樹齢700年というツブラジイ(円ら椎)が静かに眺めます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月15日 (日)

さくら便り(4) 岐阜県上矢作 「新田の桜」

  Web_42 Web_40

インターネットで知った恵那市上矢作町にある「新田の桜」を見に出かけました。

自宅からは、寒天の町山岡を通り、岩村を抜けていくルートで約1時間半の道のりです。

満開をすでに過ぎていましたが、400年以上を生きる「新田の桜」は、コヒガンザクラ特有の小さな花をつけて、堂々と立っています。坂の上の個人の庭にある桜なので、仰ぎ見るためにいっそう大きく見えました。近くの斜面にはニリンソウが、可憐な白い花を咲かせています。小鳥の鳴き声ものんびりと聞こえる程ののどかな所でした。

帰りには串原町の温泉「ささゆりの湯」に寄りました。さらりとした心地よい湯に身を伸ばしながら、満開の頃にもう一度訪れてみたいと思いました。

 Web_41   Web_43

    新田の桜            ニリンソウ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

桜のスケッチ

 Web_07_0330_5

スケッチ 名古屋城のさくら (キャンソン紙 22×17センチ)

さくらを見ると思い浮かべる素敵な詩があります。川崎洋の詩です。

さくらから  川崎 洋

さくらから
あなたへ おねがい
ひとつ ひとつの
はなを みてね
さいている ところを
まとめて みてね
それから
さいていない ときも
はが ない ときも
みてね

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

さくら便り(3) 竜泉寺 東谷山フルーツパーク

黒い雲が広がり、急に激しい雨が降るかと思えば、その後すぐに青空が現れる そんな寒い1日でした。東京ではこの時期には珍しく雪が降ったとか。

尾張旭市でも冷たい風が吹いていましたが、車で桜を見に出かけました。竜泉寺と東谷山フルーツパークの2か所です。

自宅から30分ほどの所にある守山区の竜泉寺は、今が桜の見頃でした。節分恵では特に賑わうお寺ですが、今日は静かでした。「鐘を突く人拾円」と書かれた賽銭箱に、10円を入れて、鐘楼に上がりました。鐘を突くと、春なのか冬なのか分からない青空に、音がごぉーんと広がっていきました。

      竜泉寺の正面      桜の咲く境内 

 Photo_64 Photo_65

次に行ったのは、東谷山のフルーツパークです。 

4月6日から始まる花まつり前の今日ですが、多くの人たちが来ていました。見事なしだれ桜をじっくり静かに見物するのには、混雑する期間を外すのがいいのです。今の開花状態は、3分咲き。それでも早咲きの樹もあり、十分楽しめます。桃や梨、辛夷の花も美しく咲くこの時期こそ 東谷山のお勧めの季節なのです。

 Photo_66  Photo_67

    桜の下を歩く          しだれ桜が続く小径

 Photo_68  Photo_69

        しだれ桜の花           梨の花

 Photo_70  Photo_71

         辛夷の花            桃の花

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

ジョニー・トーの新作 エレクション

          66intro01

              映画「エレクション」のシーン

ジョニー・トー監督の待望久しい映画「エレクション」をシネマスコーレで観ました。「ブレーキング・ニュース」をミリオン座で観たのが、去年の2月初めなので、1年ぶりのジョニー・トー作品。

トー映画の魅力の第一は、出演する役者の表情の魅力と、俊敏な動作や静止した姿の美しさだ。この映画では、砕いたレンゲを食べるフェイ役のニック・チョンが素晴らしい。「ブレーキング・ニュース」のチョン刑事役でもそうだったけれど、自分の存在を賭けて事を遂行する凶暴でがむしゃらな表情がいい。高い動体能力を感じさせるのも魅力的だ。

「ブレーキング・ニュース」の、冒頭での白昼の市街戦の素晴らしさが忘れられない。「エレクション」の、竜頭棍の争奪をめぐる夜の格闘シーンの素晴らしさは忘れられなくなるだろう。

すでに完成しているトーの最新作「Exiled(放・逐)」の名古屋公開が待ち遠しい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

さくら便り(2) 浜松フラワーパーク 桜淵公園

ぽかぽか陽気の4月1日 浜松フラワーパークの桜は満開。弁天島にあるこの動植物園は 多くの家族連れでにぎやかなこと

今日から政令指定都市となった浜松市。それを記念して動物園入場料は無料。大陸からの黄砂がやってきたのも、指定都市を祝うエールだったのでしょうか。 

 Photo_62   植物園の桜

 Photo_56  Photo_57

愛知県の新城の桜淵公園も花盛り  川面にはボートが浮かびます

 Photo_59  Photo_60

そよ風に花びらが散っていきますPhoto_61   

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »