« 「さんた日記」 その8 寒い 彼岸の入り | トップページ | 3月のスケッチな人たち »

2007年3月25日 (日)

仲間たちよ

 

私の 机の上の 仲間たち

近づく年度の別れに   親愛をこめて スケッチを

  Web_33  Photo_54

ペン立て  プラスチックの円筒に、散歩姿の宮澤賢治を貼ったもの

漢和辞書  漢字の意味を知るためには、とにかく自分の手を使うこと

 Web_34  Web_36

ノ ー ト  携帯メモ用としては、B6サイズがいちばん使い好い

コーヒーカップ  絵柄はイラストのウサギ、カエル、クマの3種   

Web_37  Web_35

止める道具  ピンクのホチキス 糊のキャップはオレンジ

手帳  2006年度は濃紺色 安価で丈夫なビニル仕様

« 「さんた日記」 その8 寒い 彼岸の入り | トップページ | 3月のスケッチな人たち »

コメント

ホントですね。あらためて眺めてみると、へえこうだったのかと思います。これを、小さな再発見とでも言うのでしょうか。
役に立つ道具たちへのお礼を一言。「私はあなたに愛着を感じています」。
さんた

投稿: | 2007年3月29日 (木) 10時54分

道具への最大級の讃辞は、たぶん「愛着」。長い間、役に立ってくれているものには、離しがたい愛着を覚えます。それは、値段にも、外見にも関係がないことなのだと思います。


投稿: | 2007年3月29日 (木) 10時46分

いつも見ている筆記用具

絵になると 一つ一つがとっても新鮮

何故か初めて見るようです。

投稿: Engoro2000 | 2007年3月26日 (月) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/5816818

この記事へのトラックバック一覧です: 仲間たちよ:

« 「さんた日記」 その8 寒い 彼岸の入り | トップページ | 3月のスケッチな人たち »