« 梅の花咲く庭 リトルワ-ルド | トップページ | 2月のスケッチな人たち  »

2007年2月23日 (金)

大エルミタージュ美術館展

エルミタージュ美術館所蔵の絵画が80点、名古屋市美術館で公開。金曜日は午後8時までなので、仕事帰りに寄ってみました。

ルノワール、モネ、ゴーギャン、ピカソ、ルソー、ユトリロをはじめ有名な画家の作品が並ぶ会場。入場者は思ったよりも多く、その8割が女性でした。

どの絵画も面白く思え、飽きることがありませんでした。中でも、ルノワールの「扇子を持つ女」、マルケの「マントンの港」に惹かれました。どちらも生き生きとした筆致、明るい色彩の絵画です。魅了されました。

ロシアのエルミタージュ美術館へ行きたい。もっと多くの絵画を観たい。そう思いながら帰りました。

  Web_26    Web_27

     扇子を持つ女            マントンの港     

« 梅の花咲く庭 リトルワ-ルド | トップページ | 2月のスケッチな人たち  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/5468270

この記事へのトラックバック一覧です: 大エルミタージュ美術館展:

« 梅の花咲く庭 リトルワ-ルド | トップページ | 2月のスケッチな人たち  »