« スケッチ 朝日のあたる樟 | トップページ | さすが瀬戸です 陶碑です »

2006年12月14日 (木)

人物スケッチ その一 

 人物スケッチは、主に地下鉄、私鉄電車の駅や車内を、その場としています。時には、喫茶店や図書館になることもあります。描画時間は、30秒から2分まで。ひたすら描き続けるようにしています。

Web_7   Web_8             Web_9     Web_10  

 無印良品の「文庫本ノート薄型」(100ページ税込み126円) を使い、まもなく3冊目に入ります。

« スケッチ 朝日のあたる樟 | トップページ | さすが瀬戸です 陶碑です »

コメント

私の乗っている車内では、平均して
ケータイ人間が3割
読書人2割
転た寝の人2割
ぼんやりと考え込みとが合わせて2割
おしゃべり族が1割
我が道を行く化粧譲が まれに

といったところでしょうか。
時間帯によってずいぶん異なりますが…。

投稿: さんた | 2006年12月17日 (日) 00時35分

100ページのノートが3冊目・・・
200人近い人が描かれているのですね!!

今回のスケッチは通勤帰りの電車かな?
なんだか男性は可愛そう・・・皆疲れてるんですね

スケッチされた男性達へ
充実した毎日を送らせて貰っている女性軍より
「お仕事大変でしょうが、もっと元気に生活を楽しんで!!」

投稿: Engoro2000 | 2006年12月15日 (金) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151512/4547561

この記事へのトラックバック一覧です: 人物スケッチ その一 :

« スケッチ 朝日のあたる樟 | トップページ | さすが瀬戸です 陶碑です »