« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月26日 (日)

ここは京の名刹や 万徳寺のもみじ

 Photo_21

瀬戸市太子町にある万徳寺は 今が見頃です。境内の紅葉がとても美しい静かなお寺。    

Teienn3 

瀬戸には、このような良い所が まだあることでしょう。ご存じの方は、ぜひご紹介を。                 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

深紅の葉 ポインセチア

                 06_1119_web_1                          

岡崎市の「おかざき農遊館」でポインセチアを一鉢買いました。鮮やかすぎる葉を持つメキシコ原産の草は、暗示を与えます。

ほら、街の繁華街からクリスマスのベルが聞こえてくるでしょう、と。そして、葉の赤がいっそう鮮やかになるよう、聖夜はきっと白い雪が降ることでしょう と。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

「さんた日記」 その5

   06_1114web  

主人は、少し風邪気味のようだ。朝からぼうっとして、ごろごろしている様は、まるで年寄りのねこ状態である。あたしは、風邪を移されてはかなわないので、できるだけ離れた場所で眠る。なにしろあたしは、人間の歳で言えば80歳ぐらいなのだ。風邪をひくと治りが遅い。あ。主人が起きてきた。何やら描いているようだ。大きな樹の絵だな。それと、コスモスの絵も描くようだな。

 

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

ドングリも 秋に別れを

              06_1114_web

クヌギのドングリ。自宅近くの八幡社境内で拾いました。ドングリの漢字は「団栗」。漢字で表すほうが様子がよく出ているように思えます。さて、そのドングリも 秋に別れを告げる頃となったのです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

ゆれる 城前のコスモス

             _web1112_1

北の方から、冬の冷たい先駆けがやってきました。尾張旭の城前のコスモスが、初冬の冷たい風に大きくゆれていました。今日は、季節が秋から冬に移る日だったのでしょう。

              Web061112 

 庄中観音堂の隣の公園にあるクスノキを描きました。風にゆれるコスモスもいいですが、風にびくともしないクスノキもいいものです。前の日曜日と今日を合わせて、スケッチに1時間半ほどかかりました。                    

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

「さんた日記」4 今年の秋は今のところ暖かだ

            06_1106_web

秋も11月半ば、我が家はやっと扇風機を片付けたようだ。暖かい秋の日が続いて、うたた寝もソファの上で快適だ。でも、来週辺りから、寒くなるらしい。木枯らしの季節は好まない。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

9月初旬のりんご畑 やっと描けました

              06_1104_f4_web

 9月9日に喬木村の畑で、線描きスケッチをしました。残暑の厳しい昼下がり、畑で働く女の人に許しを得たあと、約50分ほどで描きました。それが、やっと今夜、彩色し終えました。あの畑のりんごは、きっと赤くなっていることでしょう。もう出荷されたかも知れません。ついこの前行った中川村でスケッチしたりんごは真っ赤でした。マイフォトの「くだもの 野菜」に載せました。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

美しき紅葉 シオジ平

              Photo_17 

秋晴れの中央道を走り、伊那のシオジ平に出かけました。飯島から与田切川に沿った林道を走り、落石注意の標識が沢山現れるころ駐車場に着きます。そこから1.5キロほど歩けばシオジ平。標高1350メートルのこの付近が紅葉の真っ盛り。

4年前の同じ日に来たときには、思わぬみぞれに見舞われ危険なため引き返したことがありました。しかし、今日は好天のもみじ日和。黄や赤の葉が美しく輝いています。

 Photo_18  Photo_19

与田切川の流れも、美しい秋に彩りを添えています。

         Photo_20

シオジ平からさらに奥の、急登の登山道を6時間行けば、越百山。来年登りたい山の一つなのです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »